Notification:「autodesk fusion360 サーフェスのソリッド化」について更新しました。

成形不良現象:ジェッティング

アイキャッチ画像 成形不良現象
本記事には広告が含まれている場合があります。

成形不良現象のジェッティング(Jetting)とは、射出成形プロセス中に発生する特定の不良現象であり、プラスチック材料が金型キャビティに充填される際に、材料が蛇のようにくねくねと曲がりながら流れることで発生します。この現象の結果、製品の表面に蛇行した模様や筋状の欠陥が生じ、外観や機械的特性に影響を与えることがあります。

発生原因

  1. 高い射出速度:
    • 射出速度が高すぎると、溶融プラスチックがキャビティ内に急速に流れ込み、ジェット流(噴射状の流れ)を形成します。
  2. 不適切なゲート設計:
    • ゲートが小さすぎる、または不適切な位置にある場合、材料の流れがスムーズでなくなり、ジェッティングが発生します。
  3. 金型温度の低さ:
    • 金型の温度が低いと、材料が金型の表面で急激に冷却され、ジェット流が発生しやすくなります。
  4. 材料の粘度:
    • 高粘度の材料は流動性が低く、ジェッティングが発生しやすくなります。

対策

製品デザインの対策:

  1. ゲートの位置と形状の最適化:
    • ゲートを適切な位置に配置し、ゲートの形状を改善することで、材料の流れをスムーズにします。扇形ゲートやファンゲートを使用することが効果的です。

金型の対策:

  1. 金型の温度制御:
    • 金型温度を適切に保つことで、材料の流動性を改善し、ジェッティングを防止します。金型全体の温度分布を均一に保つことが重要です。
  2. ゲートの設計改良:
    • ゲートを大きくし、材料の流れをスムーズにすることで、ジェッティングを防止します。また、ゲート周辺の形状を改善し、材料が均一に広がるようにします。

成形条件の対策:

  1. 射出速度の調整:
    • 射出速度を適切に調整し、材料がキャビティ内に均一に広がるようにします。射出速度を低く設定することで、ジェッティングの発生を抑えることができます。
  2. 射出圧力の適切な設定:
    • 射出圧力を適切に設定し、材料の流れを制御します。過度な圧力を避け、均一な圧力で材料を充填することが重要です。
  3. 多段階射出:
    • 多段階射出を採用し、初期段階で低速、後段階で高速というように速度を段階的に調整することで、ジェッティングを防止します。

これらの対策を実施することで、ジェッティング現象を効果的に防止し、製品の品質を向上させることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました