サイドゲートとは

アイキャッチ画像 ゲート
当サイトはプロモーションを含みます。
当サイトはプロモーションを含みます。

サイドゲートは、射出成形プロセスにおいて一般的に使用されるゲート設計の一つです。このゲート設計は、成形材料の供給を制御し、成形品の品質を向上させる役割を果たします。以下では、サイドゲートの特徴と利点について説明します。

サイドゲートの特徴

サイドゲートは金型の側面に配置されるゲートで、次の特徴を持っています。

  • 位置の柔軟性: サイドゲートは金型の側面に設けられるため、成形品のどの位置にでもゲートを配置できます。これは設計の柔軟性を高めます。
  • ゲート痕が見えにくい: サイドゲートは成形品の外観にゲート痕がほとんど見えないため、視覚的な美しさが求められる製品に適しています。
  • 冷却が効果的: サイドゲートから供給される成形材料は金型内部を冷却する効果があり、成形品の品質向上に寄与します。

サイドゲートの利点

サイドゲートの利点は以下の通りです。

  • 位置の柔軟性: サイドゲートは成形品のどの位置にでも配置できるため、設計の自由度が高まり、特定の形状や要件に適しています。
  • 外観の美観: ゲート痕が見えにくいため、視覚的な美しさが求められる製品に適しています。ゲート痕の最小化が可能です。
  • 品質向上: 冷却効果により、成形品の品質が向上し、均一な充填を実現します。

サイドゲートの適用例

サイドゲートは、視覚的な美的要件が高い製品や外観に影響を与えることが好ましくない製品に適しています。例えば、家庭用品、消費財、医療機器の外部部品、化粧品容器などが該当します。サイドゲートはこれらの製品の品質向上と外観美的要件の充足に貢献します。

サイドゲートはゲート設計の重要な選択肢として、金型設計者が製品の要件に合わせて選択肢として検討すべきゲート設計の一つです。成形品の外観と品質に影響を与えるゲート設計として、サイドゲートの利用は一考の価値があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました