Notification:「autodesk fusion360 サーフェスのソリッド化」について更新しました。

成形不良現象:黒点

アイキャッチ画像 成形不良現象
本記事には広告が含まれている場合があります。

黒点は、射出成形プロセス中に発生する一般的な成形不良現象の一つです。これは、成形された製品表面に小さな黒い点や斑点が見られる現象を指します。黒点は、製品の外観や品質を損なうだけでなく、その原因が解決されない限り、製品の性能や機能にも影響を与えることがあります。

対策

黒点が発生する原因にはいくつかの要因がありますが、主なものには以下のようなものがあります:

  1. 金型の汚れや堆積物: 金型表面に付着した油やゴミなどの汚れや堆積物が溶解され、製品表面に付着することで黒点が発生します。
  2. プラスチック材料の劣化: 使用されるプラスチック材料が不適切に加熱されたり、長時間加熱されたりすることで劣化し、製品中に黒い色素が生成されることがあります。
  3. 不適切な成形条件: 射出成形条件が不適切である場合、材料が過度に加熱されたり、混合されたりすることがあり、黒点が発生する可能性があります。

黒点を防止するためには、これらの原因に対する対策が必要です。例えば、金型の定期的な清掃やメンテナンス、適切な成形条件の設定、材料の適切な保管などが挙げられます。また、黒点が発生した場合は、原因を特定して解決するための適切な対策を講じることが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました