Notification:「autodesk fusion360 サーフェスのソリッド化」について更新しました。

金型設計における流動解析の効果的な活用方法

アイキャッチ画像 流動解析
本記事には広告が含まれている場合があります。

流動解析は、射出成形における金型設計の品質向上や生産効率の最適化に不可欠なツールです。流動解析を活用することで、金型設計における様々な課題を事前に解決し、高品質な製品を効率的に生産することが可能となります。以下に、金型設計における流動解析の具体的な活かし方をまとめます。

充填パターンの最適化

目的:

  • 樹脂が金型内に均一に充填されるようにする。

方法:

  • 流動解析ソフトウェアを使用して、樹脂の流れをシミュレーション。
  • 充填時間、流れのパス、圧力分布を解析し、最適なゲート位置や数を決定。

効果:

  • 均一な充填により、ショートショットやウェルドラインの発生を防止。
  • 充填パターンの最適化により、成形品の品質向上と不良率の低減。

冷却時間の最適化

目的:

  • 成形品の均一な冷却と収縮の制御。

方法:

  • 流動解析によって、冷却系の設計をシミュレーションし、冷却時間を最適化。
  • 冷却チャネルの配置、サイズ、冷却媒体の流れを調整。

効果:

  • 冷却不均一による反りや歪みの防止。
  • サイクルタイムの短縮と生産効率の向上。

保圧と保圧時間の最適化

目的:

  • 樹脂の収縮を均一にし、成形品の寸法精度を確保。

方法:

  • 流動解析で保圧と保圧時間の影響をシミュレーションし、最適な設定を決定。
  • 保圧ステージの圧力分布を解析し、適正な保圧条件を設定。

効果:

  • 成形品の収縮や空洞(ボイド)の防止。
  • 高精度な成形品の製造。

反りとゆがみの予測と対対策

目的:

  • 成形品の形状安定性を確保。

方法:

  • 流動解析で冷却後の成形品の変形を予測し、対策を設計段階で講じる。
  • 反りの原因を特定し、冷却系や保圧条件の最適化、樹脂の選定、製品設計の見直しを行う。

効果:

  • 成形品の反りや歪みの防止。
  • 高品質な製品の安定供給。

ゲート配置とランナー設計の最適化

目的:

  • 樹脂の均一な流れと効率的な充填。

方法:

  • 流動解析でゲート位置とランナーのデザインをシミュレーションし、最適な配置を決定。
  • ゲート数、サイズ、位置を調整して、充填バランスを改善。

効果:

  • 充填不均一や圧力損失の防止。
  • 成形品の品質向上と生産効率の向上。

ウエルドラインの最小化

目的:

  • 樹脂の合流部での弱点を最小化。

方法:

  • 流動解析でウェルドラインの発生箇所を予測し、ゲート配置や成形条件を調整。
  • ウェルドラインが不可避な場合、強度を高めるための工夫を設計に取り入れる。

効果:

  • ウェルドラインによる強度低下の防止。
  • 見た目の品質向上。

まとめ

流動解析は、金型設計における多くの課題を事前に解決し、成形品の品質向上と生産効率の最適化に寄与します。充填パターンの最適化、冷却時間の最適化、保圧条件の最適化、反り・歪みの予測と対策、ゲート配置とランナー設計の最適化、ウェルドラインの最小化など、流動解析の活用によって金型設計をより高度化し、製品の競争力を高めることが可能です。流動解析を積極的に導入することで、設計段階から品質を内製化し、トラブルの発生を未然に防ぐことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました