Notification:「autodesk fusion360 サーフェスのソリッド化」について更新しました。

射出成形金型のねじ成形品

アイキャッチ画像 金型構造
本記事には広告が含まれている場合があります。

ねじ構造金型(スクリュー金型)は、外部または内部にねじを持つ成形品を製造するために使用される特別なタイプの射出成形金型です。この金型は、ねじの形状を高精度に再現できるため、ねじ付きのプラスチック部品の製造に広く使用されています。

金型構造

ねじ構造金型は、一般的な射出成形金型と比較して複雑な構造を持っています。以下は、ねじ構造金型の主な構成要素とその役割です。

キャビティ(型穴)

  • 成形品の外形を形成する部分で、ねじの雌型形状を持っています。

コア(中子)

  • 成形品の内形を形成する部分で、ねじの雄型形状を持っています。

スライド機構

  • ねじ形状を形成するためのコアを回転させるか、スライドさせるための機構が組み込まれています。
  • スライド部品は、成形品の取り出し時にねじ形状をクリアするために移動します。

エジェクターピン

  • 成形品を金型から取り出すためのピンで、成形品を押し出します。

回転機構

  • コアを回転させて、ねじを形成する機構です。
  • 油圧やモーター駆動でコアを回転させることが多いです。

メリット

高精度のねじ形成

  • 高精度なねじ形状を再現できるため、機械的な結合部品としての品質が高い成形品を製造できます。

複雑な形状の一体成形

  • ねじ付きの複雑な形状を一度の成形工程で作り上げることができ、後工程での加工が不要です。

生産効率の向上

  • 一体成形により、組立工程を省略できるため、トータルの生産効率が向上します。

材料の節約

  • 後工程での切削や加工を減らすことで、材料の無駄が少なくなります。

デメリット

金型の複雑さとコスト

  • ねじ構造金型は複雑な構造を持つため、設計および製作コストが高くなります。

メンテナンスの難しさ

  • 複雑な機構を持つため、メンテナンスが難しく、定期的な点検と修理が必要です。

成形サイクルタイムの延長

  • ねじ部の形成や取り出しに時間がかかるため、成形サイクルタイムが長くなることがあります。

故障リスクの増加

  • 複雑な機構が多いため、故障のリスクが増加し、生産停止のリスクも高くなります。

まとめ

ねじ構造金型は、ねじ付きの成形品を高精度に製造するために不可欠なツールです。そのメリットとして、高精度なねじ形成、複雑な形状の一体成形、生産効率の向上、材料の節約などが挙げられます。一方で、金型の複雑さとコスト、メンテナンスの難しさ、成形サイクルタイムの延長、故障リスクの増加といったデメリットもあります。これらを総合的に考慮し、用途に応じた適切な設計と管理を行うことが、ねじ構造金型の成功の鍵となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました