Notification:「autodesk fusion360 サーフェスのソリッド化」について更新しました。

成形不良現象:金型かじり

アイキャッチ画像 成形不良現象
本記事には広告が含まれている場合があります。

射出成形金型における「かじり」は、金型の可動部がスムーズに動作しなくなる現象です。これは成形プロセス全体に悪影響を及ぼし、生産効率の低下や金型の損傷を引き起こします。以下に、金型かじりの主な原因とその対策についてまとめます。

原因

潤滑不足

  • 可動部に潤滑剤が適切に供給されていない場合、摩擦が増加し、金型かじりが発生します。

不適切な潤滑剤の使用

  • 使用する潤滑剤が金型の材質や成形条件に適合していない場合、効果が不十分となり、かじりが発生します。

金型のクリアランス不良

  • 可動部のクリアランス(隙間)が設計通りでない場合、摩擦が増加し、かじりが生じます。

異物の混入

  • 金型内部に異物が混入すると、可動部のスムーズな動作が妨げられ、かじりが発生します。

金型の損傷や摩耗

  • 長期間の使用や適切なメンテナンスが行われていない場合、金型の摩耗や損傷が進み、かじりが発生します。

高温による熱膨張

  • 成形時の高温が原因で金型部品が膨張し、クリアランスが減少し、かじりが発生します。

対策

適切な潤滑

  • 定期的に可動部に潤滑剤を適切に塗布します。グリースガンを使用し、潤滑剤が均一に行き渡るようにします。

潤滑剤の選定

  • 金型の材質や成形条件に適した潤滑剤を選定します。高温環境に対応した潤滑剤や、特定の材質に適した潤滑剤を使用します。

クリアランスの適正化

  • 可動部のクリアランスを設計通りに調整します。定期的な検査を行い、クリアランスが適正か確認します。

異物の除去

  • 組立作業中やメンテナンス時に金型内部に異物が混入しないように注意します。エアブローガンを使用して、金型内部を清掃します。

金型の定期メンテナンス

  • 定期的に金型を点検し、摩耗や損傷がないか確認します。必要に応じて、摩耗部品の交換や修理を行います。

冷却系の適正化

  • 冷却系を最適化し、金型温度を均一に保つようにします。これにより、熱膨張によるクリアランスの変動を防ぎます。

材料の選定と管理

  • 成形材料が金型に適したものか確認します。異物が混入しないように材料の管理を徹底します。

金型かじりは、射出成形プロセスにおいて重大な不具合の一つです。潤滑不足や不適切な潤滑剤の使用、クリアランス不良、異物の混入、金型の摩耗や損傷、高温による熱膨張などが主な原因となります。これらの原因に対して適切な対策を講じることで、金型かじりを防止し、生産効率の向上と金型の長寿命化を図ることができます。定期的なメンテナンスと適切な管理が、金型の健全な運用に不可欠です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました