Notification:「autodesk fusion360 サーフェスのソリッド化」について更新しました。

AUTODESK FUSION360 スイープ機能を使ったモデリング

アイキャッチ画像 3DCAD
本記事には広告が含まれている場合があります。

本記事ではFUSION360という三次元CADを使って3Dモデルを作成する方法を紹介します。

AUTODESK FUSION360 スイープ機能の使い方

スケッチ作成を選択して、「XY平面」を選択します。

線分を使用して、任意の直線をスケッチして、スケッチを終了します。

スケッチを作成を選択して、「XZ平面」を選択します。

スケッチ作成の「長方形」-「二点指定の長方形」を選択します。

任意の長方形を作成します。

作成ツールのスイープを選択します。

プロファイルを選択で、先に作成した「長方形」を選択します。

次に、パスを選択で「線分」を選択します。

このまま、「OK」をクリックします。

AUTODESK FUSION360 スイープ機能の使い方まとめ

3Dモデルの作成方法についてはYouTubeに動画をアップしていますので宜しければ見てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました