成形不良現象:ゲート残りについて

アイキャッチ画像 成形不良現象
当サイトはプロモーションを含みます。
当サイトはプロモーションを含みます。

ゲート残りとは、射出成形プロセス中に発生する一般的な成形不良現象の一つです。これは、製品に取り付けられているゲートが、成形後に製品から完全に取り外されず、一部が製品の表面に残る現象を指します。通常、ゲートは成形プロセス中に溶解または切断されますが、完全に剥離されない場合、製品の見た目や品質に影響を与えることがあります。

ゲート残りは製品の外観や品質を損なうだけでなく、機能や性能にも影響を与えることがあります。そのため、この問題を解決するためには、適切なゲート設計や射出成形条件の最適化、または適切な金型メンテナンスなどの対策が必要です。

以下に、ゲート残りの主な発生原因と対策についてまとめます。

対策

ゲート残りを防止するためには、製品デザイン、金型の設計、および成形条件の視点から対策を講じる必要があります。

製品デザインの対策:

  1. 適切なゲート設計: ゲートを製品の外側や目立たない箇所に配置することで、ゲート残りを最小限に抑えることができます。また、ゲートを小さくすることや、形状を改良することも有効です。
  2. サーフェスフィニッシュの適用: 製品の表面に凹凸を少なくすることで、ゲート残りが目立ちにくくなります。表面仕上げを滑らかにすることで、ゲート残りを取り除く際の手間も減ります。

金型の対策:

  1. ゲートの適切な配置: 金型の設計段階で、ゲートを製品の内側や隠れた場所に配置することで、ゲート残りを最小限に抑えることができます。また、ゲート周辺の形状や角度を最適化することも重要です。
  2. ゲートの形状とサイズの最適化: ゲートを小さくして、材料の流れを制御しやすくすることで、ゲート残りを防止することができます。また、適切なゲート形状を選択することで、ゲート残りが発生しにくくなります。

成形条件の対策:

  1. 適切な射出速度と圧力: 射出速度や射出圧力を調整することで、ゲートからの材料の流れを制御し、ゲート残りを防止することができます。適切な射出速度と圧力を設定することで、材料が適切に流れ、ゲートが完全に切断されるようにします。
  2. 温度制御: 成形条件の中でも金型の温度制御が重要です。金型の温度を適切に管理し、材料の流れを制御することで、ゲート残りを防止することができます。特にゲート付近の温度を適切に制御することが重要です。

以上の対策を組み合わせることで、ゲート残りを最小限に抑え、製品の品質向上に貢献することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました