成形不良現象:糸引きについて

アイキャッチ画像 成形不良現象
当サイトはプロモーションを含みます。
当サイトはプロモーションを含みます。

成形不良現象の糸引きは、射出成形プロセス中に発生する一般的な問題の一つです。糸引きは、射出されたプラスチック材料が金型キャビティから抜ける際に、不要な細い糸状の部分が形成される現象です。これは材料の流れが滑らかでない場合や金型の温度設定が適切でない場合に起こりやすいです。糸引きが発生すると、製品の外観や品質に影響を与えるだけでなく、金型の清掃や製品の仕上げにも影響を及ぼします。この現象を防止するためには、適切な金型設計やプロセス制御が重要です。

以下に、糸引きの主な発生原因と対策についてまとめます。

対策

糸引きを防止するためには、製品デザイン、金型の設計、および成形条件の視点から対策を講じる必要があります。

製品デザインの対策:

  1. 適切なゲート設計: ゲートの位置や形状を最適化し、材料の流れを制御することが重要です。小さなゲートを使用することや、ゲートを複数配置することで糸引きを防止できます。
  2. 肉厚の均一化: 製品内部の肉厚を均一化することで、材料の流れをスムーズにすることができます。不均一な肉厚があると、材料の流れが不安定になり、糸引きが発生しやすくなります。

金型の対策:

  1. ポイントゲートの使用: ポイントゲートは小さなゲートであり、糸引きを最小限に抑えることができます。金型の設計段階でポイントゲートを検討し、適切な位置に配置することが重要です。
  2. スムーズな表面仕上げ: 金型の表面仕上げを滑らかにすることで、材料の流れをスムーズにし、糸引きを防止することができます。金型のメンテナンスを定期的に行い、表面の汚れや傷を除去することも重要です。

成形条件の対策:

  1. 適切な射出速度と圧力: 適切な射出速度と圧力を設定することで、材料の流れを制御し、糸引きを防止することができます。射出速度や圧力が高すぎると、材料が不要な糸状に引き延ばされる可能性があります。
  2. 適切な温度設定: 金型とプラスチック材料の適切な温度設定を行うことで、材料の流動性を改善し、糸引きを防止することができます。金型の温度や冷却時間を最適化し、成形条件を調整することが重要です。

これらの対策を組み合わせることで、糸引きを最小限に抑え、製品の品質向上に貢献することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました